不動産業開業宅建業免許申請まで、元不動産業の専門家が相談

不動産業開業・宅建免許申請

東京都及び首都圏の不動産業(宅建業)免許申請。元不動産業出身の専門家が会社設立から融資・助成金相談、不動産業免許申請・開業までご相談致します。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  ご意見など |  特定商取引法に基づく表記

債権譲渡

債権譲渡とは、誰かからお金をもらえる権利をもっているときに、その権利を別の人に譲ってしまうことです。


何故宅建試験にこのお話が出てくるのかと申しますと、次のような場面を想定しています。


家の持ち主Aが、Bに家を売りました。でも、AはCから2.000万円借金をしてました。そのため、売買代金の取り立て権(債権)をCに譲渡致しました。


A → 家を売ったお金2.000万円 →B
↓ AはCに借金があるため、2.000万円の取り立て権をCに債権譲渡
C


そうしますと、CはBから取り立てすることが出来ます。BはCに払えば、OKということです。でも。Bが家を買ったのはAからで、Cに払うのは何か釈然としませんよね。

それでは、どのような手続きを取ればいいのでしょうか。債権譲渡はその部分が理解出来ればOKです。

まず、原則として債権譲渡することは自由です。当事者全てが納得すれば、損をする人はいないからです。

しかし、先ほどの例で譲渡人Aが債務者Bに対して有していた債権を、譲受人Cが行使するには、つまりBか取り立てるには譲渡人Aと譲受人Cの合意が必要です。

A → B
↓ ←この合意が必要です。
C

これは、当たり前ですよね。Cが持っているAへの借金をBから、返してもらうわけですから、AとCの合意がないと話になりません。


問題なのは、この時にBの承諾が必要かどうかです。結論から話ますと、Bの承諾は必要ありません。Bは、Aに返すのも、Cに返すのも払う金額は一緒だからです。


しかし、Bが他の者に取り立てられるのが納得がいかないのならば、事前にAと「譲渡禁止の特約」を結ぶことは出来ます。


ただし、この特約を「善意の第三者」つまり、特約のあることを知らない第三者には対抗出来ません。結局のところ、Cが善意の場合は債権譲渡は有効です。


過去問

Aは、Bに対して有する売買代金債権を、Cに譲渡した。当該債権につき譲渡禁止の特約が付されているときは、当該特約の存在につきCが善意であっても、CはBに対し債務の履行を請求できない。(61-10-3)


ヒント Bが、払う金額は一緒ですから。保護する必要がないのです。

×

他運営サイト