宅建試験過去問講座。宅建試験に独学で合格するには、過去問攻略がもっとも早道

宅建過去問と宅建試験参考書

宅建試験は過去問の攻略で最短合格。宅建試験の過去問をわかりやすく解説した宅建過去問の参考書。宅建過去問を攻略しよう。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  ご意見など |  特定商取引法に基づく表記
宅建過去問と宅建試験参考書 TOP > 行為能力 > 制限行為能力者


制限行為能力者

制限行為能力者とは、能力が制限されているか、若しくは、まったく無い者を指します。

宅建試験でいう能力とは、売買契約や賃貸契約をする能力のことです。普通の大人でも、不動産の契約となると、色々とトラブルも多く大変です。

その大変な契約から、普通の大人ではない、未成年者や精神障害者など、能力が劣るか、無いと見なされる人達の財産を守るために、この制度が出来ました。こちらは先日までの、不動産自体の問題ではなくて、買ったり売ったりする人物自体に問題があるわけです。

この未成年者や精神障害者を総称して制限行為能力者と言います。

制限行為能力者が契約にタッチする場合には、制限行為能力者の財産を保護するために、色々なメニューを用意しています。


まず、制限行為能力者には

1. 未成年者(みせいねんしゃ)

2. 成年被後見人(せいねんひこうけんにん)

3. 被保佐人(ひほさにん)

4. 被補助人(ひほじょにん)

の4種類があります。未成年者以外の3つを上から精神障害上重い順番に並べていますので、この順番でお話をしていきます。

基本的に制限行為能力者の財産を守るために、制限行為能力者には保護者が付けられます。制限行為能力者が契約をするときは、その保護者の同意が要求されるのです。

また、制限行為能力者が騙されたりする場合もありますので、一定の契約は取り消すことが出来ることにしました。

そう、基本的には、制限行為能力者のした契約は取り消せると覚えておいて下さい。

○ポイント 制限行為能力者を保護するため、売買などを行った行為は取消せます。



~こんな参考書が欲しかった!宅建試験の解説が、日常の対話言葉で書いてある!~
クリック↓で目次や中身の一部がご覧になれます最短クリア宅建合格一直線 アマゾン amazon 参考書 宅建試験の重要ポイントを30+55テーマにわけて編成し、日常の話し言葉でわかりやすくまとめた参考書完成!こんな本を待っていた!
是非、合格にお役立て下さい。

箕輪和秀
宅建参考書
最短クリア宅建合格一直線アマゾンで購入