宅建試験過去問講座。宅建試験に独学で合格するには、過去問攻略がもっとも早道

宅建過去問と宅建試験参考書

宅建試験は過去問の攻略で最短合格。宅建試験の過去問をわかりやすく解説した宅建過去問の参考書。宅建過去問を攻略しよう。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  ご意見など |  特定商取引法に基づく表記
宅建過去問と宅建試験参考書 TOP > 契約成立 > 隔地者間の契約


隔地者間の契約

それでは離れている者同士の間では、契約の成立はいつでしょうか?、隔地者間といいます。


まぁ、実際には、今は電話どころかメールでやり取りをいたしますが、そこはそれ、明治時代の法律です。


ちなみに、離れている場合は申込みと承諾の間に時間がかかります。この場合、契約に関しては、承諾の通知を「発した時」とされています。契約の成立は発信主義になります。


例えば、手紙でプロポーズをして、女の子に届いたときに、その子が承諾の意思を返信しました。契約の成立はいつでしょうか。


承諾をした女の子の気持ちからすると手紙を書いた日ですよね。つまり、結婚を決意した日は返事を書いた日でしょう。おお、何かいいなぁ。結婚を決意!ドラマみたい。


つまり、相手の男性には届いてなくても、その気持ちを優先するわけです。


例えば、申込みを受けて、承諾の手紙を1月23日にポストに入れ、1月27日に郵便屋さんから配達された場合は、契約が成立するのは1月23日になるということです。


今は手紙でプロポーズなんていないか?古風でいいじゃない。私にもください・・。すまん。奥さんがいた。勘弁してくれ。


過去問
申込に対する承諾の通知により契約が成立するのは、承諾の通知を申込者に発したる時である。(50-5-1)


今日のポイント 申込みの意思表示と承諾の意思表示が合致する時期は、隔地者間では、承諾の通知を発したときです。


○ そのとおり、発信した時です。下線がポイントですよ。



~こんな参考書が欲しかった!宅建試験の解説が、日常の対話言葉で書いてある!~
クリック↓で目次や中身の一部がご覧になれます最短クリア宅建合格一直線 アマゾン amazon 参考書 宅建試験の重要ポイントを30+55テーマにわけて編成し、日常の話し言葉でわかりやすくまとめた参考書完成!こんな本を待っていた!
是非、合格にお役立て下さい。

箕輪和秀
宅建参考書
最短クリア宅建合格一直線アマゾンで購入