宅建試験過去問講座。宅建試験に独学で合格するには、過去問攻略がもっとも早道

宅建過去問と宅建試験参考書

宅建試験は過去問の攻略で最短合格。宅建試験の過去問をわかりやすく解説した宅建過去問の参考書。宅建過去問を攻略しよう。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  ご意見など |  特定商取引法に基づく表記
宅建過去問と宅建試験参考書 TOP > 時 効 > 取得時効


取得時効

取得時効(しゅとくじこう)

取得時効というのは、長い間「他人の物を自分の物のつもりで利用していると自分の物になってしまう制度です。例えば、Aが、Bの土地を20年間自分のものとして利用していると、Bの土地はAの物になってしまうのです。

周りから見ると、Aの土地に見えますので、法律関係の安定のために、この制度があります。

取得時効で得られる権利

取得時効が成立する権利は、所有権であることが多いのですが、その他の権利でも時効は成立します。地上権のつもりで20年間占有すれば、地上権を取得しますし、地役権のつもりで通行していれば、地役権も取得します。

過去問

時効により取得することのできる権利は、所有権のみである。(63-3-1)

ヒント 所有権の他に地上権や、地役権等も時効取得出来ます。

×



~こんな参考書が欲しかった!宅建試験の解説が、日常の対話言葉で書いてある!~
クリック↓で目次や中身の一部がご覧になれます最短クリア宅建合格一直線 アマゾン amazon 参考書 宅建試験の重要ポイントを30+55テーマにわけて編成し、日常の話し言葉でわかりやすくまとめた参考書完成!こんな本を待っていた!
是非、合格にお役立て下さい。

箕輪和秀
宅建参考書
最短クリア宅建合格一直線アマゾンで購入