宅建試験過去問講座。宅建試験に独学で合格するには、過去問攻略がもっとも早道

宅建過去問と宅建試験参考書

宅建試験は過去問の攻略で最短合格。宅建試験の過去問をわかりやすく解説した宅建過去問の参考書。宅建過去問を攻略しよう。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  ご意見など |  特定商取引法に基づく表記
宅建過去問と宅建試験参考書 TOP > 時 効 > 時効とは


時効とは

時効とは

本日からは、時効のお話をします。

長く人の土地を使っている者がいました。近所から見ればその者の土地に見えますので、そこを担保にして、お金を貸したりする場合もあります。しかし、後で、その者の土地ではなかったということになると、社会的に混乱します。

★そのため、時効とは、長く続いた事実状態を尊重して、そのまま事実関係として認めてしまうことです。

時効には取得時効と消滅時効の2種類があります。

取得時効は、今のお話のように、長い間他人の物を自分の物のつもりで利用していると、自分の物になってしまう制度です。

逆に消滅時効は、長い間貸している物などを返せと言わないで放っておくと、権利が消滅してしまい返してもらえなくなってしまう制度です。だから、取得時効も消滅時効も、契約以外で財産の移転が生じる場面です。

明日から個別にお話していきますね。



~こんな参考書が欲しかった!宅建試験の解説が、日常の対話言葉で書いてある!~
クリック↓で目次や中身の一部がご覧になれます最短クリア宅建合格一直線 アマゾン amazon 参考書 宅建試験の重要ポイントを30+55テーマにわけて編成し、日常の話し言葉でわかりやすくまとめた参考書完成!こんな本を待っていた!
是非、合格にお役立て下さい。

箕輪和秀
宅建参考書
最短クリア宅建合格一直線アマゾンで購入