宅建試験過去問講座。宅建試験に独学で合格するには、過去問攻略がもっとも早道

宅建過去問と宅建試験参考書

宅建試験は過去問の攻略で最短合格。宅建試験の過去問をわかりやすく解説した宅建過去問の参考書。宅建過去問を攻略しよう。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  ご意見など |  特定商取引法に基づく表記
宅建過去問と宅建試験参考書 TOP > 売買契約 > 買主の保護メニューまとめ


買主の保護メニューまとめ

売買時の買主保護のメニューをお話しました。


契約の前か後が、誰に責任があるのかなどを、一つ一つ理解して下さい。


今回はまとめの図を。

買主保護のメニューを簡単にしますと、こういった形です。


契約 原始的不能 契約は無効


契約 売主に責任あり 債務不履行 契約は有効   
契約後 売主に責任なし 危険負担 契約は有効
契約後 引き渡したものに問題があり 売主の担保責任 契約は有効


以上3つは、買主側保護のために解除と損害賠償の対象です。
結局、この分野の対策はどの問題があったのが、どの場面なのかが整理出来て、どのような請求が出来るのかをまとめることですね。



~こんな参考書が欲しかった!宅建試験の解説が、日常の対話言葉で書いてある!~
クリック↓で目次や中身の一部がご覧になれます最短クリア宅建合格一直線 アマゾン amazon 参考書 宅建試験の重要ポイントを30+55テーマにわけて編成し、日常の話し言葉でわかりやすくまとめた参考書完成!こんな本を待っていた!
是非、合格にお役立て下さい。

箕輪和秀
宅建参考書
最短クリア宅建合格一直線アマゾンで購入