不動産業開業宅建業免許申請まで、元不動産業の専門家が相談

不動産業開業・宅建免許申請

東京都及び首都圏の不動産業(宅建業)免許申請。元不動産業出身の専門家が会社設立から融資・助成金相談、不動産業免許申請・開業までご相談致します。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  ご意見など |  特定商取引法に基づく表記
不動産業開業・宅建免許申請 TOP > 契約成立

契約成立のサイトマップ
なにゆえに、宅建試験で民法か?
民法とは何ぞや?
人はみな1人では生きていけないからね
契約はいつ成立する?
隔地者間の契約

なにゆえに、宅建試験で民法か?




民法とは何ぞや?

まずは、民法=みんぽう。とは何ぞや?から。敵を知ることから始めよう

法律には色々な種類がありますが、民法とは、その名のとおり民(たみ)と民(たみ)との法律です。


ちなみに、江戸時代より前は、民法のような個人の間での法律というのはありませんでした。何か争いがあったりすると、村の名主さんや住職さんなどが、その地方の慣習や決め事により解決して行ったわけです。


でも、明治になり、段々世の中が複雑になってくると、当然慣習だけでは足りなくなってきます。そこで、明治31年に民法という法律が施行(しこう)されました。


何故、宅建試験を勉強するのに民法なのでしょうか。それは、民法は「民と民」つまり、人と人との法律ですから、人と人との決め事である「契約」の基礎となっている法律だからです。


契約とは、今お話したように人と人との決め事、つまり約束のことです。つまり、無限にいくらでも数はあります。毎日が契約、つまり約束の繰り返しですね。電車に乗るために切符を買う、お店でご飯を食べるなども、お金を払って対価を得るわけですから、日常生活の行為は、全て約束つまり契約事なのです。


「お兄さん。ラーメン一つ」「はいよ」ハイ契約成立です。まずかったら?それはしらん。


○ポイント 宅建試験は民法=契約=約束の基礎




人はみな1人では生きていけないからね

人はみな、毎日、約束=契約がなくては、生きていけません。まずは人と人との契約=約束が基礎にあります。

例えば、「僕と付き合って下さい。」「わかりました」ハイ!おめでとう契約成立。「僕と付き合って下さい。」「いい人だとは思うのですが」ハイ!すいません契約不成立。いい人だったら付き合わんかい!すいません。興奮しました。


さて、契約の数は無限にありますが、今から勉強していくのは、宅建資格試験です。つまり、土地や家などの不動産を専門に取り扱う資格ですね。


この試験で扱う宅地建物取引業法というのは、民法を修正した法律です。つまり、宅建業法というのは、通常の人と人の間では無く、宅建業者といいますが、簡単に言えば不動産屋さん同士若しくは、不動産屋さんと一般の方とを想定しております。


そして、当然不動産屋さんはプロですから、一般的に知識の弱い方を守る必要性が生じたのです。そのため、宅地建物取引業法という法律が出来ました。不動産屋さんはこれを守ってお仕事をしなければならないわけですな。


つまり、宅地建物取引業法という不動産の法律を学ぶのには、基礎の法律である民法を学んで、それがどういう風に宅建法上修正されていくかを、見ていく必要があるわけです。


民法が基礎というのがわかりましたでしょうか。というか正直なところ、受験する方でなくても、民法の基礎くらいは知っておいた方がいいですよ。生きていく上で結構重要。


自分や家族を守るために。とまぁ構えなくても、ヒマ潰しにみてくだされば十分かと。一般の方が見ても面白く、わかりやすい口調と話題で書いていきますね。お任せ下さい。


○ポイント 民法を基礎として、他の法律上どう修正されているかを理解する。




契約はいつ成立する?

日々これ約束=契約とお話し致しましたが、契約はいつ成立するのでしょうか?


契約は、申込みと承諾の意思表示のみで成立するので、承諾と契約の成立の一文字づつを取って、諾成契約(だくせいけいやく)と言います。つまり、契約は、申込みに対して承諾した時に成立です。


それは、そうですよね。だって、口約束でも契約は成立するでしょう。契約書は細かい取り決めや、後日紛争があった時などのために作成しておくものです。ちなみに口頭のみでよく、書面の作成が不要であることを、「不要式行為」と言います。特に要式は必要ないということですね。


つまり、「君にこの指輪を買ってあげる」と言ってしまい。女の子が「ありがとう。嬉しいわ。ウフ」と言った時点で、買わなければいけない義務が生じます。書面にしなくてもですよ。いけませんよ。軽々しく言っては・・・。言ったことないけど。すまん。かあちゃん(ーー;)


それでは、過去問に言ってみましょう。53-7-1は昭和53年の第7問第1肢目ということです。昔の問題の方が基本的なことを聞いているため、最初に解くのにはいいですよ。基礎を固めないと家は倒れます。鉄筋の量を減らすような、勉強の仕方はいかん。


過去問
売買契約は、売主が財産を移転させ、買主がこれに対して代金を支払うことを約束する旨の書面を作成することにより成立する。(53-7-1)

○今日のポイント 契約が成立するには、申込みの意思表示と承諾の意思表示、合致すればそれでよし。


× 書面はいりません。口頭でも成立


どうですか?過去問で聞いていることが(何を聞きたいのかが)理解できれば考える力がつきます。つまり、この過去問は契約の成立に書面はいらないよ。といっているわけです。




隔地者間の契約

それでは離れている者同士の間では、契約の成立はいつでしょうか?、隔地者間といいます。


まぁ、実際には、今は電話どころかメールでやり取りをいたしますが、そこはそれ、明治時代の法律です。


ちなみに、離れている場合は申込みと承諾の間に時間がかかります。この場合、契約に関しては、承諾の通知を「発した時」とされています。契約の成立は発信主義になります。


例えば、手紙でプロポーズをして、女の子に届いたときに、その子が承諾の意思を返信しました。契約の成立はいつでしょうか。


承諾をした女の子の気持ちからすると手紙を書いた日ですよね。つまり、結婚を決意した日は返事を書いた日でしょう。おお、何かいいなぁ。結婚を決意!ドラマみたい。


つまり、相手の男性には届いてなくても、その気持ちを優先するわけです。


例えば、申込みを受けて、承諾の手紙を1月23日にポストに入れ、1月27日に郵便屋さんから配達された場合は、契約が成立するのは1月23日になるということです。


今は手紙でプロポーズなんていないか?古風でいいじゃない。私にもください・・。すまん。奥さんがいた。勘弁してくれ。


過去問
申込に対する承諾の通知により契約が成立するのは、承諾の通知を申込者に発したる時である。(50-5-1)


今日のポイント 申込みの意思表示と承諾の意思表示が合致する時期は、隔地者間では、承諾の通知を発したときです。


○ そのとおり、発信した時です。下線がポイントですよ。






~こんな参考書が欲しかった!宅建試験が日常の話し言葉で書いてある!~
クリック↓で目次や中身の一部がご覧になれます最短クリア宅建合格一直線 アマゾン amazon 参考書 宅建試験の重要ポイントを30+55テーマにわけて編成し、日常の話し言葉でわかりやすくまとめた参考書完成!こんな本を待っていた!
是非、合格にお役立て下さい。

箕輪和秀
宅建参考書
最短クリア宅建合格一直線アマゾンで購入
当サイトは、以下のサイトを参考にさせて頂いております。
宅建の合格のため、有意義なサイトですので、是非ご活用下さい。
宅建の学校★宅建倶楽部
宅建の迷物図書館
迷物講師(先生)さんの独特の語り口が面白く、非常にわかりやすい教材群です。
無料教材も、かなり充実。
また、以下のサイト・書籍等も、参考にさせて頂いております。こちらの書籍やサイトは、実際に何度も目を通しておりまして、全てお薦めです。合格のお供に活用下さい。
十影響の宅建スーパーサイト
よくぞここまでの情報量です。ポイント整理などにお薦めのサイト。

他運営サイト