不動産業開業宅建業免許申請まで、元不動産業の専門家が相談

不動産業開業・宅建免許申請

東京都及び首都圏の不動産業(宅建業)免許申請。元不動産業出身の専門家が会社設立から融資・助成金相談、不動産業免許申請・開業までご相談致します。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  ご意見など |  特定商取引法に基づく表記

平成20年 宅建試験過去問 問49 土地

【問49】 土地の形質に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。


1 等高線の密度
地表面の傾斜は、等高線の密度で読み取ることができ、等高線の密度が高い所は傾斜が急である。


等高線。何か懐かしいですね。
等高線が密なところは、地形の傾斜が急なところですから、がけ崩れの恐れなどがあります。
よって ○


(参考過去問)
形図で見ると、急傾斜地では等高線の間隔は密になり、傾斜が緩やかな土地では等高線の間隔は疎になっている。(15-49-4) ○


2 扇状地
扇状地は山地から平野部の出口で、勾配が急に緩やかになる所に見られ、等高線が同心円状になるのが特徴的である。


同心円状とは、うずまき型の等高線です。
扇状地は、山地から平野部の出口付近で、勾配が急に緩やかになる所に見られ、傾斜の緩い扁平な円錐形状の地形を形成しています。
よって、等高線は、山地から平野部への出口を頂点とする同心円状で表されます。 ○


3 等高線の向き
等高線が山頂に向かって高い方に弧を描いている部分は尾根で、山頂から見て等高線が張り出している部分は谷である。


山頂に向かって、標高が高い方に弧を描いています。
本肢は説明が逆のため、×。


4 河川
等高線の間隔の大きい河口付近では、河川の氾濫により河川より離れた場所でも浸水する可能性が高くなる。


等高線の間隔が大きく、土地の傾斜が少ない河口付近では、河川が氾濫当然、段差がないわけですから、河川より離れた場所でも浸水する可能性が高くなります。よって ○

他運営サイト