不動産業開業宅建業免許申請まで、元不動産業の専門家が相談

不動産業開業・宅建免許申請

東京都及び首都圏の不動産業(宅建業)免許申請。元不動産業出身の専門家が会社設立から融資・助成金相談、不動産業免許申請・開業までご相談致します。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  ご意見など |  特定商取引法に基づく表記

平成20年 宅建試験過去問 問36 宅地建物取引業法~ 信託受益権販売の重要事項説明

【問 36】 宅地建物取引業者Aが建物に係る信託(Aが委託者となるものとする。)の受益権を販売する場合において、宅地建物取引業法第35条の規定に基づいてAが行う重要事項の説明に関する次の行為のうち、宅地建物取引業法の規定に違反しないものの組合せはどれか。


ア Aは、販売の対象が信託の受益権であったので、買主Bに対し、取引主任者でない従業員に説明をさせた。


重要事項説明は、取引主任者にさせなければならない。
原則通りなので ×


イ Aは、当該信託の受益権の売買契約を締結する半年前に、買主Cに対して当該契約と同一の内容の契約について書面を交付して説明していたので、今回は説明を省略した。


ウ Aは、買主Dが金融商品取引法第2条第31項に規定する特定投資家であったので、説明を省略した。


宅建業者が、宅地又は建物に係る信託受益権の売主となる場合、重要事項説明を要しない場合が以下3つあります。


1、金融商品取引法に規定する特定投資家または特定投資家とみなされる者を信託の受益権の売買の相手方とする場合~専門家には説明不要。


2、信託の受益権の売買契約の締結前一年以内に売買の相手方に対し当該契約と同一の内容の契約について書面を交付して説明をしている場合 ~同一の契約について1年以内に説明しているから。


3、売買の相手方に対し金融商品取引法に規定する目論見書(書面を交付して説明すべき事項のすべてが記載されているものに限る。)を交付している場合 ~同一の内容を説明しているかた。


イは2、ウは1に該当するので、重要事項説明をしなくても大丈夫です。


工 Aは、当該信託財産である建物の瑕疵を担保すべき責任の履行に関して保証保険契約を締結していたが、買主Eに対しその説明を省略した。


信託財産である宅地又は建物の瑕疵を担保すべき責任の履行に関し、保証保険契約の締結その他の措置で次に掲げるものを講じているときは、その概要は、重要事項説明をしなければならない事項です。よって業法違反です。


1 ア、イ
2 イ、ウ
3 イ、エ
4 ウ、エ


信託受益権販売というと、それだけで敬遠しそうですが、アが明確に間違いです。


又、瑕疵担保責任またはその責任の履行に関して、講ずべき保証保険契約の締結その他の措置の定めがあるときは、その内容。は重要事項説明項目のため、エも間違いと判断できます。
そうすると消去法で、2番が残ります。


問題について、くらいついて考えてほしいという出題者の意図が感じられる問題ですね。


【正解】2(違反しないのは、イとウ)

他運営サイト