不動産業開業宅建業免許申請まで、元不動産業の専門家が相談

不動産業開業・宅建免許申請

東京都及び首都圏の不動産業(宅建業)免許申請。元不動産業出身の専門家が会社設立から融資・助成金相談、不動産業免許申請・開業までご相談致します。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  ご意見など |  特定商取引法に基づく表記

平成20年 宅建試験過去問 問35 宅地建物取引業法~指定流通機構

【問 35】 宅地建物取引業者Aが、Bから自己所有の宅地の売却の媒介を依頼された場合における当該媒介に係る契約に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはいくつあるか。


ア Aが、Bとの間に一般媒介契約 (専任媒介契約でない媒介約)を締結したときは、当該宅地に関する所定の事項を必ずしも指定流通機構へ登録しなくてもよいため、当該媒介契約の内容を記載した書面に、指定流通機構への登録に関する事項を記載する必要はない。


ア、一般媒介契約の場合、指定流通機構へ登録しなければいけない義務はありません。
イ、専任媒介契約の場合、必ず指定流通機構へ登録しなければいけない義務があります。


しかし、本肢のように、一般媒介契約で登録をしない場合(アの場合)でも、登録しないと記載する必要があります。よって ×


(参考過去問)
宅地建物取引業者Aが、Bの所有する宅地の売却の依頼を受け、Bと媒介契約を締結した場合に関して、媒介契約が専任媒介契約以外の一般媒介契約である場合、Aは、媒介契約を締結したときにBに対し交付すべき書面に、当該宅地の指定流通機構への登録に関する事項を記載する必要はない。(10-45-1) ×


イ Aが、Bとの間に専任媒介契約を締結し、当該宅地に関する所定の事項を指定流通機構に登録したときは、Aは、遅滞なく、その旨を記載した書面を作成してBに交付しなければならない。


指定流通機構に登録をした宅建業者は、指定流通機構が作成した、登録を証する書面を遅滞なく依頼者に交付する必要があります。
作成は、指定流通機構が行いますので、誤りです。 ×


(参考過去問)
宅地建物取引業者Aが、宅地の所有者Bからその宅地の売買の媒介を依頼され、媒介契約を締結した場合の指定流通機構への登録に関して、AB間の媒介契約が専任媒介契約である場合で、Aが、当該宅地について指定流通機構に登録をし、当該登録を証する書面の発行を受けたとき、Aは、その書面を遅滞なくBに引き渡さなければならない。(11-39-3) ○


ウ Aが、Bとの間に専任媒介契約を締結し、売買契約を成立させたときは、Aは、遅滞なく、当該宅地の所在、取引価格、売買契約の成立した年月日を指定流通機構に通知しなければならない。


宅建業者は、登録した宅地建物の売買・交換契約が成立したときは、遅滞なく、登録番号、宅地の取引価格及び、契約の成立した年月日を当該指定流通機構に通知しなければなりません。


情報を削除する必要があるからです。
しかし、本肢では当該宅地の所在を通知事項としているので,誤りです。


(参考過去問)
宅地建物取引業者Aが、Bの所有する宅地の売却の依頼を受け、Bと媒介契約を締結した場合に関して、媒介契約が専任媒介契約である場合で、指定流通機構への登録後当該宅地の売買の契約が成立したとき、Aは、遅滞なく、登録番号、宅地の取引価格及び売買の契約の成立した年月日を当該指定流通機構に通知しなければならない。(10-45-3) ○


問題としては、以下のように個数問題でした。よって答えは4番になります。


1 一つ
2 二つ
3 三つ
4 なし


個数問題では、○ や × の選択肢が一つもないことがあります。
この場合、いわゆる消去法がつかえないので、問題を解くのに時間がかかります。


そのため、一度問題を飛ばして最後に戻ってくるという解き方も有効です。

他運営サイト