不動産業開業宅建業免許申請まで、元不動産業の専門家が相談

不動産業開業・宅建免許申請

東京都及び首都圏の不動産業(宅建業)免許申請。元不動産業出身の専門家が会社設立から融資・助成金相談、不動産業免許申請・開業までご相談致します。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  ご意見など |  特定商取引法に基づく表記

平成20年 宅建試験過去問 問16 不動産登記法

不動産の登記の申請に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。


1 所有権に関する仮登記に基づく本登記は、登記上の利害関係を有する第三者がある場合には、当該第三者の承諾があるときに限り、申請することができる。


仮登記とは将来なされる本登記の順位を、仮登記の時点で確保するために行う予備的な登記のことで、本登記の順位を確保するための予約券です。


所有権に関する仮登記に基づく本登記は、登記上の利害関係を有する第三者がいるときは、下の2つの要件があるときに限り申請できます。
ア、その第三者の承諾の情報
イ、利害関係のある第三者に対抗できる裁判があったことを証する情報


所有権は物を全面的に支配できる権利ですから、仮登記に遅れる第三者の権利と両立できないのです。
つまり、第三者の権利は抹消されます。あちらを立てれば、こちらが立たないわけです。


問題文としては、×のような気がします。
しかし、承諾書にしろ判決にしろ、承諾があるという意味ではあるので △


(参考過去問)
所有権に関する仮登記をした後、本登記を申請する場合においては、その仮登記後第三者に所有権移転の登記がされているときでも、その者の承諾又は、第三者に対抗することができる裁判があったことを証する情報を必要としない。(2-16-4) ×


2 仮登記の登記義務者の承諾がある場合であっても、仮登記権利者は単独で当該仮登記の申請をすることができない。


仮登記も権利に関する登記なので、仮登記権利者と仮登記義務者が共同で申請しなければならないのが原則です。共同申請主義が適用になります。


ただし、次の場合は、仮登記権利者が単独で申請できます。
ア、仮登記義務者の承諾があるとき
イ、仮登記を命ずる裁判所の処分があるとき これは明確に ×


(参考過去問)
仮登記の申請は、仮登記義務者の承諾があるときは、仮登記権利者が単独ですることができる。(16-15-1) ○


3 二筆の土地の表題部所有者又は所有権の登記名義人が同じであっても、持分が相互に異なる土地の合筆の登記は、申請することができない。


4 二筆の土地の表題部所有者又は所有権の登記名義人が同じであっても、地目が相互に異なる土地の合筆の登記は、申請することができない。


次の場合が、合筆の登記を申請できない例です。
理由は「分かりにくくなる」からです。


ア、所有権の登記がない土地と所有権の登記がある土地との合筆
土地の所有権の登記は一筆の土地ごとにされるので、
所有権の登記がある土地とない土地の合併を許すと、
一筆の土地の一部に所有権が登記されることになり分かりにくくなります。


イ、地目が違う土地の合筆
地目が違う土地の合併を許すと、
一筆の土地に複数の地目が登記されることになり分かりにくくなります。


ウ、所有権の登記名義人が異なる土地の合筆
所有権の登記名義人も、一筆の土地ごとに登記されますから、
所有権の登記名義人が違う土地を合併して、
1つの土地にすることを許すと、
一筆の土地の一部に、別な所有者が登記されることになり分かりにくくなります。


エ、表題部所有者又は所有権の登記名義人が相互に持分を異にする土地の合筆の登記
持分が相互に違うのでわかりにくくなります。よって3、4両方とも ○


(参考過去問)
所有権の登記がある土地と所有権の登記がない土地を合併する合筆の登記をすることはできない。(11-11-1)


地目が田である土地と地目が宅地である土地を合併する合筆の登記をすることはできない。(11-11-2) 両方○

他運営サイト