不動産業開業宅建業免許申請まで、元不動産業の専門家が相談

不動産業開業・宅建免許申請

東京都及び首都圏の不動産業(宅建業)免許申請。元不動産業出身の専門家が会社設立から融資・助成金相談、不動産業免許申請・開業までご相談致します。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  ご意見など |  特定商取引法に基づく表記

平成20年 宅建試験過去問 問6 多数当事者の債権 連帯債務者と連帯保証人

AからBとCとが負担部分2分の1として連帯して1,000万円を借り入れる場合と、DからEが1,000万円を借り入れ、Fがその借入金返済債務についてEと連帯して保証する場合とに関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。


最初の部分は連帯債務者、後の部分は連帯保証人に関する問題です。


(免除の絶対効)
1 Aが、Bに対して債務を免除した場合にはCが、Cに対して債務を免除した場合にはBが、それぞれ500万円分の債務を免れる。Dが、Eに対して債務を免除した場合にはFが、Fに対して債務を免除した場合にはEが、それぞれ全額の債務を免れる。


前段は○です。
連帯債務は、免除は負担部分に対して、絶対効(ぜったいこう=他の者にも影響を及ぼす)があります。


後段は間違いです。主債務者Eの債務を免除すると連帯保証人Fの債務もなくなりますが、連帯保証人Fの債務を免除しても主債務者Eの債務はなくなりません。×


(請求の絶対効)
2 Aが、Bに対して履行を請求した効果はCに及び、Cに対して履行を請求した効果はBに及ぶ。Dが、Eに対して履行を請求した効果はFに及び、Fに対して履行を請求した効果はEに及ぶ。


正しい肢です。
連帯債務の履行の請求は絶対効があり、他の連帯債務者にも効力は及びます。
1人1人に請求ではめんどうでしょ。


一方、連帯保証の場合も、連帯保証人に対する請求は債務者にも効力が及びます。


(引っ掛け)
連帯保証人ではなく、通常の保証人の場合、保証人への請求は債務者には効力は及びません。これはよく聞かれるところ。


「保証債務は主たる債務の従たる債務」のため、
主たる債務に関して生じた事由は、保証債務にも及びます。
逆に、保証人に生じた事由は主たる債務者に影響しないのが原則です。


しかし、連帯保証人に請求した場合は、その効果は債務者にも及びます。
これは、「連帯」しているからですね。


参考過去問
AのBに対する債権(Cも、Aに債務を負い、又はBの債務を保証している。)についてのAの履行請求に関して、CがBの連帯保証人の場合、AのCに対する履行の請求は、Bに対しても効力を生じる。(2-7-3)○


(時効の絶対効)
3 Bについて時効が完成した場合にはCが、Cについて時効が完成した場合にはBが、それぞれ500万円分の債務を免れる。Eについて時効が完成した場合にはFが、Fについて時効が完成した場合にはEが、それぞれ全額の債務を免れる。


これも同じような問題。連帯債務は絶対効があるので、前段は○。
後段は、連帯保証人に時効が成立しても、債務者の債務はなくなりません。
よって ×


(無効は相対効=つまり、他の人に影響しない)
4 AB間の契約が無効であった場合にはCが、AC間の契約が無効であった場合にはBが、それぞれ1,000万円の債務を負う。DE間の契約が無効であった場合はFが、DF間の契約が無効であった場合はEが、それぞれ1,000万円の債務を負う。


前段は○。後段は、DとEの間の主債務が無効の場合、連帯保証もなくなります。
ただ、連帯保証が無効でも、主債務は残ります。
だって、お金を借りているわけですから。


AからFが入り組んで難しく感じますが正解肢は過去問で何度も聞かれたレベル。
正解して欲しい問題です。

他運営サイト