不動産業開業宅建業免許申請まで、元不動産業の専門家が相談

不動産業開業・宅建免許申請

東京都及び首都圏の不動産業(宅建業)免許申請。元不動産業出身の専門家が会社設立から融資・助成金相談、不動産業免許申請・開業までご相談致します。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  ご意見など |  特定商取引法に基づく表記

25問目 農地法~農地とは何か

ポイント~農地とは何か?どのような許可が必要か理解していますか?


農地法(以下この問において「法」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。


1 農業者が相続により取得した市街化調整区域内の農地を自己の住宅用地として転用する場合には、法第4条第1項の許可を受ける必要はない。


相続により取得する場合許可はいりません(これを3条許可といいます)。これはわかりますよね。契約による移転ではないからです。


しかし、相続した土地を自己の用地にするわけですから、4条許可が必要になります。4条許可が必要な農地の転用とは、農地を農地以外のものにすることです。農地の所有者が自分で農地を潰してしまうことです。


具体的には、自己所有の農地に自分で住宅を建築したり、賃貸住宅を建設したり、山林にするような行為が、農地の転用に当たります。ちなみに、果樹園なども農地です。よって ×


参考過去問
農家がその所有する農地に分家住宅を建てる場合は、農地法第4条第1項の許可を受ける必要はない。(4-26-3) ×


2 住宅を建設する目的で市街化区域内の農地の所有権を取得するに当たって、あらかじめ農業委員会に届け出た場合には、法第5条第1項の許可を受ける必要はない。


市街化区域内にある農地を、あらかじめ農業委員会に届け出て、転用目的で権利移動する場合、農地法の許可はいりません。


◎これを「市街化区域内特例がある」といいます。農業委員会への届出のみで足ります。5条許可を受ける必要はありません。4条も同じです。市街化調整区域には、このような特例はありませんので、注意して下さい。


参考過去問
市街化調整区域内の農地を宅地に転用する目的で所有権を取得する場合、あらかじめ農業委員会に届け出れば農地法第5条の許可を得る必要はない。(15-23-2)


引っかけですね。×


3 耕作する目的で原野の所有権を取得し、その取得後、造成して農地にする場合には、法第3条第1項の許可を受ける必要がある。


引掛け問題ですが、農地法上の農地とは、現に耕作の目的に供される土地です。例えば、山林原野は、それを取得した段階では、まだ現に耕作の目的に供される土地とはいえず農地ではありません。従って、そもそも農地でないものの売却は、3条許可は必要ありません。


参考過去問
農業者が山林原野を取得して、農地として造成する場合でも、農地法第3条の許可が必要である。(6-27-2) ×


4 市街化調整区域内の農地を駐車場に転用するに当たって、当該農地がすでに利用されておらず遊休化している場合には、法第4条第1項の許可を受ける必要はない。


4条許可が必要な農地かどうかは、地目などによらず現況で判断されます。3番と同じですね。利用されていなくても農地です。


参考過去問
山林を開墾し現に水田として耕作している土地であっても、土地登記簿上の地目が山林である限り、法の適用を受ける農地には当たらない。(18-25-1) ×

他運営サイト