宅建試験に独学で合格するには、過去問攻略がもっとも早道

宅建試験過去問と参考書

宅建試験は過去問攻略で独学合格。宅建試験の過去問をわかりやすく解説した参考書サイト。宅建の過去問が身近に感じられるようになります。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  ご意見など |  特定商取引法に基づく表記


宅建試験過去問 平成19年 解説

宅建試験 平成19年過去問  現在更新中

 

【民法】

1、意思表示~誰が保護されるかを考えよう

2、代理人~要件と責任の理解

3、物権変動~誰が正当な者なのか?

4、共有~共有人間のバランス関係

5、不法行為~被害者保護のためにどうする

6、物権変動~当事者か対抗関係に当たるのか

7、担保物権~担保物権のあれこれそれ

8、根抵当権~債権と担保の分離とは

9、債権譲渡~最後に笑う者は誰?

10、担保責任~誰がケツを拭くのか?

11、瑕疵担保~キズ物にどこまで責任があるのか

12、賃貸借~賃貸借を継続する場合

13、相続~相続する場合の権利と義務とは

14、借地借家法~賃借人が保護されるのかどうなのか

 

15、区分所有法~規約はマンションの憲法であ~る

16、不動産登記法~共同申請主義の理解をしよう

 

【法令上の制限・ 税法等】

17、国土利用計画法 ~事後届出のあれこれそれ

18、都市計画法    ~都市計画法の概要の理解

19、建築制限    ~都道府県知事の許可

20、開発行為    ~開発許可が必要な場合

21、建築基準法   ~建築物を建てる時の規制

22、建築基準法   ~低層住宅の規制

23、宅地造成等規制法~造成宅地防災区域の創設

24、土地区画整理法 ~地元の人の利便性

25、農地法     ~農地とは何か

26、所得税     ~買換えの特例

27、所得税     ~相続時精算課税制度

28、不動産取得税  ~税額関係

29、不動産鑑定評価 ~鑑定評価の方法

 

【その他法令(税法・統計)等】

 



~こんな参考書が欲しかった!宅建試験の解説が、日常の対話言葉で書いてある!~
クリック↓で目次や中身の一部がご覧になれます最短クリア宅建合格一直線 アマゾン amazon 参考書 宅建試験の重要ポイントを30+55テーマにわけて編成し、日常の話し言葉でわかりやすくまとめた参考書完成!こんな本を待っていた!
是非、合格にお役立て下さい。

箕輪和秀
宅建参考書
最短クリア宅建合格一直線アマゾンで購入