不動産業開業宅建業免許申請まで、元不動産業の専門家が相談

不動産業開業・宅建免許申請

東京都及び首都圏の不動産業(宅建業)免許申請。元不動産業出身の専門家が会社設立から融資・助成金相談、不動産業免許申請・開業までご相談致します。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  ご意見など |  特定商取引法に基づく表記

宅建資格試験過去問 印紙税 平成18年度 第27問目全

 印紙税の納税額は、 今までと同じく、課税標準×税率=税額という式で求めることができます。課税標準は、 印紙税法では、印紙税法別表第1という表で、課税標準×税率=税額の答えをあらかじめ表にしてあり、 印紙税は課税文書に記載された記載金額に応じて納税すべきものとしています。

 

したがって、 印紙税の税額は、課税文書に記載された記載金額によって決まりますので、 他の税金のように課税標準×税率という式が実際に使われることはありません。課税文書に記載された記載金額がない場合は、税額は、 原則として200円になっています。

 

課税文書ごとの、 具体的な金額は次のようになります。

評価額が違う不動産を交換した場合、不動産交換契約書の契約金額は、評価額が高い方の金額になります。

 

評価額1億円の土地と評価額1億5,000万円の土地を交換し、差額5,000万円を現金で支払う」 旨を記載した土地交換契約書は、記載金額5,000万円の不動産の譲渡に関する契約書として、印紙税が課せられる。 (5-30-3)

 

「Aの所有する土地(価額1億7,000万円)とBの所有する土地(価額2億円)とを交換し、 AはBに差額3,000万円支払う旨を記載した土地交換契約書を作成した場合、印紙税の課税標準となる当該契約書の記載金額は、 2億円である。(18-27-1)

 

×、○

 

土地の賃借権設定に関する契約書(地上権の設定に関する契約書を含む)の記載金額は、 契約に際して借主が貸主に交付するもので、後日の返還が予定されていないもの (例、権利金、 地上権設定の対価など) の金額になります。

 

土地の賃貸借契約に係る権利金として、手形を受領した旨が記載された領収書は、 当該有価証券(例、手形)の発行者の名称、発行日、記号、番号その他の記載があり、 当事者間において当該売上代金に係る受取金額が明らかなときは、その受取金額を当該受取書の記載金額とします。 記載金額のない売上代金に係る、有価証券の受取書として印紙税が課されるのではありません。

 

記載金額は消費税額が区分表示されている場合、 または税込価額及び税抜価額の両方が記載されていることにより、 消費税額が明らかな場合、消費税額は含みません。

 

A社の発行する 「土地の賃貸借契約に係る権利金として、B社振出しの平成17年4月1日付、1234の手形を受領した。」旨が記載された領収書は、 記載金額のない売上代金に係る有価証券の受取書として印紙税が課される。(17-27-3)

 

建物の建築工事詰負契約に際して、 請負人C社が「請負金額2,100万円(うち消費税及び地方消費税の金額100万円)を受領した」 旨を記載した領収書を作成した場合、印紙税の課税標準となる当該領収書の記載金額は、2,100万円である。 (18-27-2)

 

×、×

 

また、課税文書を2通以上作成した場合は、その文書の1通ごとが課税文書となり、 印紙税が課税されます。1通は正本、他は副本と表示した場合でも同じです。

A社を売主、 B社を買主、C社を仲介人とする土地の譲渡契約書(記載金額5.000万円)を3通作成し、それぞれが1通ずつ保存することとした場合、 仲介人であるC社が保存する契約書には印紙税は課税されない。(12-27-3)

 

土地の売買契約書(記載金額5,000万円)を3通作成し、売主D社、 買主E社及び媒介した宅地建物取引業者F社がそれぞれ1通ずつ保存する場合、F社が保存する契約書には、 印紙税は課されない。(18-27-3)

×、×

 

営業に関する受取書

いわゆる領収書のことです。 また、営業に関する受取書でも3万円未満の受取証は印紙税が非課税になります。

 

また、 逆説として営業に関しない(営利の目的がない行為の)受取書は、金額にかかわらず印紙税は非課税です。皆さんが、 買い物をした時の経験から分かると思いますが、領収書(受取書)は3万円以上の場合に印紙税が課税されます。お店が、 領収書に200円の収入印紙をはるのを見たことがあるでしょう。

 

しかし、 3万円以上の領収書に印紙税が課税されるのは、その領収書が営業に関するものに限られています。 例えば、給与所得者である個人が生活の用に供している土地建物を、株式会社に譲渡し、 代金1億円を受け取った際に作成する領収書は印紙税が課されません。

 

 

給与所得者である個人Cが生活の用に供している土地建物を株式会社であるD社に譲渡し、 代金1億円を受け取った際に作成する領収書は、金銭の受取書として印紙税が課される。(13-27-4)

 

給与所得者Gが自宅の土地建物を譲渡し、 代金8,000万円を受け取った際に作成した領収書には、金銭の受取書として印紙税が課される。 (18-27-4)

 

×、×

 

他運営サイト