不動産業開業宅建業免許申請まで、元不動産業の専門家が相談

不動産業開業・宅建免許申請

東京都及び首都圏の不動産業(宅建業)免許申請。元不動産業出身の専門家が会社設立から融資・助成金相談、不動産業免許申請・開業までご相談致します。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  ご意見など |  特定商取引法に基づく表記

宅建資格試験過去問 2つの登記申請 平成18年度 第15問目4肢

登記は、 登記の目的および登記原因に応じて、 一つ一つの不動産ごとに登記申請書を作成する必要があります。ただし、 同一の管轄区域内にあるニ以上の不動産について申請する登記の、 目的並びに登記原因及び日付が同一であるときは、 一つの申請書で作成できます。

 

A→売買→B

C→売買→B などの場合、 目的・原因・日付が同じ場合、一枚の用紙で作れるということです。

 

 

過去問

同一の登記所の管轄に属する数個の不動産に関する登記を申請する場合、 登記原因および登記の目的が同一であるときに限り、同一の申請情報で登記を申請することができる。 (1-15-1)

 

 

平成18年問題

同一の登記所の管轄区域内にある二以上の不動産について申請する登記原因及びその日付が同一である場合には、 登記の目的が異なるときであっても、一つの申請情報で申請することができる。(18-15-4)

 

過去問とまったく同じ肢です。  ○、×

 

他運営サイト