不動産業開業宅建業免許申請まで、元不動産業の専門家が相談

不動産業開業・宅建免許申請

東京都及び首都圏の不動産業(宅建業)免許申請。元不動産業出身の専門家が会社設立から融資・助成金相談、不動産業免許申請・開業までご相談致します。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  ご意見など |  特定商取引法に基づく表記

宅建試験過去問 平成18年度 第50問目1肢 土地とがけ

2. がけ崩れのおそれがない所

がけ崩れのおそれがない所は宅地に適しています。 これは、当たり前ですよね。安全だからです。

 

逆にいうと、 がけ崩れのおそれがある所は危険なので、宅地には適していません。がけ崩れのおそれがあり宅地に適していないのは、 次のような土地です。

 

○山地→傾斜が急で、 表土の下に岩盤又はその風化上が現れる地盤。

当然、 がけ崩れがおきやすくなります。

 

山地とは、 傾斜が急で、表土の下に岩盤又はその風化上が現れる地盤である(18-50-1)

 

他運営サイト