不動産業開業宅建業免許申請まで、元不動産業の専門家が相談

不動産業開業・宅建免許申請

東京都及び首都圏の不動産業(宅建業)免許申請。元不動産業出身の専門家が会社設立から融資・助成金相談、不動産業免許申請・開業までご相談致します。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  ご意見など |  特定商取引法に基づく表記

宅建試験過去問 平成18年度 第49問目3肢 建築物の基礎

建築物の基礎関係

 

基礎には、コンクリート造の布基礎(ぬのきそ)、独立基礎などがあります。

 

コンクリート造の布基礎

(図)(参考: yahoo!不動産用語集)↓の布基礎です。

http://dict.realestate.yahoo.co.jp/genre/04/14.html

 

一般の木造住宅の基礎がこれです。 建物の外枠の下部と平行して、連続している基礎です。布は、平行・連続という意味の字なので、 布基礎といいます。 また、連続基礎ともいいます。

 

鉄筋を入れない布基礎もありますが、 入れた方がより堅固になり、耐震性が向上します。木造建築物の基礎は、コンクリート造の布基礎とするのが、原則です。

 

また、平屋建てで延べ面積が50m2以内の建築物は、 土台を基礎に緊結しなくてもかまいません。

 

過去問

2階建ての木造建築物の上台は、 例外なく、基礎に緊結しなければならない。(18-49-3)

 

×

他運営サイト