不動産業開業宅建業免許申請まで、元不動産業の専門家が相談

不動産業開業・宅建免許申請

東京都及び首都圏の不動産業(宅建業)免許申請。元不動産業出身の専門家が会社設立から融資・助成金相談、不動産業免許申請・開業までご相談致します。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  ご意見など |  特定商取引法に基づく表記

宅建試験過去問 平成18年度 第48問目3肢 不動産の統計 地価公示

1.土地に関する動向

 

地価公示

地価公示とは、土地鑑定委員会が公示した都市計画区域内を原則とした標準地の地価のことです。 要するに土地の値段が上がったか下がったかということですが、これは、国土交通省が公表しています。最近の地価の概況(大体の状況) は次のようになります。

 

○平成17年3月の地価公示

住宅地、全国 4.6%下落、三大都市圏 3.7%下落、地方圏 5.4% 下落

商業地、全国 5.6%下落、三大都市圏 3.2%下落、地方圏 7.5% 下落

 

○平成18年3月の地価公示

住宅地、全国 2.7%下落、三大都市圏 1.2%下落、地方圏 4.2% 下落

商業地、全国 2.7%下落、三大都市圏 +1.0%(上昇)、地方圏 5.5% 下落

三大都市圏の地価が15年ぶりに1.0%上昇しました。

 

○平成19年3月の地価公示

住宅地、全国 0.1%上昇、三大都市圏 2.8%上昇、地方圏 2.7% 下落

商業地、全国 2.3%上昇、三大都市圏 8.9%上昇、地方圏 2.8% 下落

 

○ 「三大都市圏」とは東京圏・大阪圏・名古屋圏の平均値を、地方圏とは三大都市圏を除く圏域の平均値を指します。

 

 

平成19年地価公示(平成19年3月公表)によれば、 東京都区部では上昇又は横ばいの地点も見られるが、他の圏域に関しては、その傾向は全く見られない。 (16-48-4)

 

平成19年地価公示(平成19年3月公表)によれば、平成18年の1年間、地価は、 三大都市圏は増加に転じ、地方圏の下落率は縮小した。(17-48-1)

 

平成19年地価公示(平成19年3月公表)によれば、平成18年の1年間の地価は、 全国平均で見ると引き続き下落しているが、商業地については上昇した。(18-48-3)

 

★単純に地価が上がったか下がったかの概要はとらえておいて下さい。

 

×、○、×

 

他運営サイト