不動産業開業宅建業免許申請まで、元不動産業の専門家が相談

不動産業開業・宅建免許申請

東京都及び首都圏の不動産業(宅建業)免許申請。元不動産業出身の専門家が会社設立から融資・助成金相談、不動産業免許申請・開業までご相談致します。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  ご意見など |  特定商取引法に基づく表記

宅建試験過去問 平成18年度 景品表示法 第47問目1肢

物件の公告において守るべき、 ことがあります。嘘や大げさな公告はいかんよということです。

 

1、各種施設までの距離又は所要時間

 

新築分譲マンションの名称に、 公園、庭園、旧跡その他の施設の名称を使用する場合には、当該物件がこれらの施設から「直線距離」 で300m以内に所在していなければなりません。

 

例えば、 取引しようとする物件の周辺に、現在工事中で、将来確実に利用できると認められるスーパーマーケットなどが存在する場合、 整備予定時期及び物件からの道路距離を明らかにすることにより、 広告において表示することができます。

 

取引しようとする物件の周辺に、 現在工事中で、将来確実に利用できると認められるスーパーマーケットが存在する場合、 整備予定時期及び物件からの道路距離を明らかにすることにより、広告において表示することができる。

17-47-4)

 

新築分譲マンションの名称に、 公園、庭園、旧跡その他の施設の名称を使用する場合には、 当該物件がこれらの施設から最短の道路距離300m以内に所在していなければならない。(18-47-1)

 

○、× 

 

他運営サイト