不動産業開業宅建業免許申請まで、元不動産業の専門家が相談

不動産業開業・宅建免許申請

東京都及び首都圏の不動産業(宅建業)免許申請。元不動産業出身の専門家が会社設立から融資・助成金相談、不動産業免許申請・開業までご相談致します。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  ご意見など |  特定商取引法に基づく表記

宅建試験過去問 弟21問目 建築基準法 単体規制

[問 21] 建築基準法1 下線がポイントです。


建築基準法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

(1)2階建てで延べ面積が100m2の鉄骨造の建築物を建築する場合、構造計算は必要としない。(筆者注=非木造ということです。


(2)5階建てで延べ面積が1.000m2の共同住宅の所有者は、当設共同住宅の敷地、構造及び建築設備について、定期的に一級建築士等に調査させなければならず、調査を担当した一級建築士等は、その結果を特定行政庁に報告しなければならない。


(3)特定行政庁は、建築基準法施行令第9条に規定する建築基準関係規定である都市計画法第29条に違反した建築物について、当設建築物の所有者に対して、違反を是正するための措置を命ずることができる。


(4)便所には、採光及び換気のため直接外気に接する窓を設けなければならないが、水洗便所で、これに代わる設備をした場合においては、必ずしも設ける必要はない。


1番 ×
建築物の構造上の安全性


木造建築物で延べ面積500m2超、3階以上、高さ13m超、軒高9m超のどれかに当たるもの、又は、木造建築物で述べ面積200m2超、2階以上のどれかに当たるものの、設計図書の作成にあたっては、構造計算によって、その構造が安全であることを確かめなければなりません。


要は大規模建築に該当する場合です。今回は非木造なので該当します。


類似問題
鉄筋造の建築物でも、延べ面積が 300m2のものであれば、その設計図書の作成にあたって、構造計算により構造の安全性を確かめる必要はない。(9-25-2) ×


2番 ×
また、特殊建築物は、ひとたび火災などが発生した場合、大きな災害につながることがあります。


そのため、特殊建築物等を所有し、または管理している方は、敷地の地盤沈下の有無、塀などの劣化状況及び、建築物の防火区画、避難階段、避難器具及び前面空地などの維持管理の状況を定期的に 定期的に一級建築士等に調査させなければならず、「所有者又は管理者」は、その結果を特定行政庁に報告しなければなりません。


報告するのは所有者です。


3番 ×

建築基準法29条に違反した建築物について、特定行政庁が違反是正命令をすることができるという規定はありませんが、問題が悪い。平成17年の問題なので、一応載せてはありますが、参考問題程度で大丈夫です。


4番 ○

便所には、採光及び換気のため直接外気に接する窓を設けなければなりませんが、水洗便所で、これに代わる設備をした場合においては、必ずしも設ける必要はありません。水洗トイレは結構清潔なので、代わりの設備があれば大丈夫です。


これも、結構難しい問題でした。

他運営サイト