不動産業開業宅建業免許申請まで、元不動産業の専門家が相談

不動産業開業・宅建免許申請

東京都及び首都圏の不動産業(宅建業)免許申請。元不動産業出身の専門家が会社設立から融資・助成金相談、不動産業免許申請・開業までご相談致します。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  ご意見など |  特定商取引法に基づく表記

宅建試験過去問 平成17年度 民法問題の雑感

というわけで、今年の民法のポイントをお話してきましたが、どうでしょうか?


以外に過去問の焼き直し問題で、冷静になれば解ける問題でしょう。


民法は途轍もなく難しいような言われ方をしていますが、過去問のポイントを押さえて理解していれば、全体の7割くらいは、解ける問題だったと思います。ということは、正直10~11問は正解してほしいラインかと思います。


じゃあ、ポイントってなに?それは、出題者の聞きたいこと。具体的には、問題に下線を引いた部分です。


適法な遺言をした者が、その後更に適法な遺言をした場合、前の遺言のうち後の遺言と抵触する部分は、後の遺言により取り消したものとみなされる。○


この「更に適法」ときた瞬間に、この人は前の遺言を取消す気だね!とピンときた人は、OKレベル。そんなもん、浮気をして、彼女に「好きだから信じてくれ」と言っているのと同じでしょ。浮気をしているわけだから、本当の意思はない。


この、頭にピン!とヒラメクレベルまで、何回も、この過去問は何を聞きたいのか?を考えながら解いていると(10回~20回くらい)、本当に見た瞬間にピンとくるようになります。


何の試験でも同じですから、是非ピンとくるレベルまで、頑張りましょう。

他運営サイト