不動産業開業宅建業免許申請まで、元不動産業の専門家が相談

不動産業開業・宅建免許申請

東京都及び首都圏の不動産業(宅建業)免許申請。元不動産業出身の専門家が会社設立から融資・助成金相談、不動産業免許申請・開業までご相談致します。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  ご意見など |  特定商取引法に基づく表記

宅建試験過去問 平成17年 第7問目 弁済関係

[問 7] 弁済の問題 下線がポイントです。


Aは、土地所有者Bから土地を賃借し、その土地上に建物を所有してCに賃貸している。AのBに対する借賃の支払債務に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。


(1)Cは、借賃の支払債務に関して法律上の利害関係を有しないので、Aの意思に反して、債務を弁済することはできない。


(2)Aが、Bの代理人と称して借賃の請求をしてきた無権限者に対し債務を弁済した場合、その者に弁済受領権限があるかのような外観があり、Aがその権限があることについて善意、かつ、無過失であるときは、その弁済は有効である。


(3)Aが、当該借賃を額面とするA振出しに係る小切手(銀行振出しではないもの)をBに提供した場合、債務の本旨に従った適法な弁済の提供となる。


(4)Aは、特段の理由がなくとも、借賃の支払債務の弁済に代えて、Bのために弁済の目的物を供託し、その債務を免れることができる。


1問目は × 
◎弁済は債務がある者、つまり債務者がするのが原則です。それは、そうですよね。しかし、次の場合は、第三者でも債務者の代わりに弁済することができます。


他人のために弁済をする?物好きなと、ピンとこないかも知れませんが、日常、ドラ息子の借金を親が変わりに払ったなどということも、聞かれたことがあるでしょう。いけませんぞ。親御さんに迷惑を掛けては。ちなみに法律上は親子でも他人、つまり当事者でなければ、全て他人です。さて、それでは、第三者が弁済する場合はどうしたらよいでしょうか?


◎まず、「利害関係の無い第三者」は、「債務者の意思に反しないとき」のみに、弁済をすることができます。逆にいいますと、利害関係の無い第三者は、債務者の意思に反して弁済をすることはできません。


それでは、利害関係の無い第三者とはどういった者でしょうか。それは、債務者の債務を代わりに弁済しないで放っておいても、法律的な不利益を直接こうむらない者です。先ほどの例ですと、例え親御さんでも、それだけでは、利害関係の無い第三者です。世間体が悪いなどでは、認められないのです。


それでは、借地上の建物の賃借人は法律上の違い関係があるでしょうか。追い出される可能性があるのだから、ありますよね。


類似問題
AのBからの借入金100万円の弁済について、Aの兄Cは、Aが反対しても、Bの承諾があれば、Bに弁済することができる。(5-6-1) ×


2番 ○
いかにも受領権限がありそうなことを証明してきたので弁済したところ、実はその者には受領権限がないときで、かつ、弁済者が善意・無過失の場合。これを「債権の準占有者に対する弁済」と言います。

  
これこそが、スキミングです。つまり、通帳と印鑑やカードを持ってお金を下ろした場合は、銀行の弁済(預金の払い出し)は有効ということです。カードを持って暗証番号を打って引き出した以上、確かに銀行としては、仕方がない面がありますよね。ただし、被害が多いため、預金者保護法が制定されて、一部保護が図られるようにはなりましたが。


類似問題
Aが、Bに対して不動産を売却し、所有権移転登記及び引渡しをした場合のBの代金の弁済に関して、Bが、「AからDに対して代金債権を譲渡した」旨記載された偽造の文書を持参した代金債権の準占有者Dに弁済した場合で、Bが善意無過失であるとき、Bは、代金債務を免れる。(11-5-3) ○


3番 ×
金銭債務のため、個人振り出しの小切手を提供しても、債務の本旨に従った適法な弁済の提供にはなりません。銀行に残高がなければ、不渡りになってしまうからです。


4番 ×
債務者が供託できるのは、債権者が弁済の受領を拒んでいるか、受領できない場合です。特段の理由はないと書いていますので、ここがポイントですね。

他運営サイト