不動産業開業宅建業免許申請まで、元不動産業の専門家が相談

不動産業開業・宅建免許申請

東京都及び首都圏の不動産業(宅建業)免許申請。元不動産業出身の専門家が会社設立から融資・助成金相談、不動産業免許申請・開業までご相談致します。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  ご意見など |  特定商取引法に基づく表記

宅建試験過去問 平成17年 第5問目 物上代位の問題

[問 5] 物上代位の問題 下線がポイントです

物上代位に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。なお、物上代位を行う担保権者は、物上代位の対象とする目的物について、その払渡し又は引渡しの前に他の債権者よりも先に差し押さえるものとする。


(1)不動産の売買により生じた債権を有する者は先取特権を有し、当該不動産が賃借されている場合には、賃料に物上代位することができる。


(2)抵当権者は、抵当権を設定している不動産が賃借されている場合には、賃料に物上代位することができる。


(3)抵当権者は、抵当権を設定している建物が火災により焼失した場合、当該建物に火災保険が付されていれば、火災保険金に物上代位することができる。


(4)不動産に留置権を有する者は、目的物が金銭債権に転じた場合には、当該金銭に物上代位することができる。


物上代位の問題ときただけで。皆さん緊張しますよね。どれどれ。


1番 ○ 不動産売買の先取特権という権利です。少し難しいですね。


2番 3番 両方○


物上代位性とは、担保物権は担保に差し入れられた物の売却・賃貸・滅失などがあっても消滅せず、担保物権を設定した者が受け取るはずの代金(売却の場合)、賃料(賃貸の場合)、保険金・損害賠償金(滅失の場合)の上にも、効力が及ぶという性質です。


注意点として、なお、担保物権を持っている債権者が、物上代位する(代金、賃料、保険金・損害賠償金の上に担保物権の効力を及ぼさせる)には、それらの金銭が担保物権を設定した者に受領される前に、抵当権者自身が「差押えの手続き」をとらなければなりません。債務者の懐に入ると、火災保険のお金なのか、債務者の個人のお金なのか分からなくなってしまうからです。だから両方とも○


類似問題
Aは、BからBの所有地を 2.000万円で買い受けたが、当該土地には、CのDに対する1.000万円の債権を担保するため、Cの抵当権が設定され、その登記もされていた。この場合、Cは、BのAに対する代金債権について、差押えをしなくても物上代位でき、他の債権者に優先して、1.000万円の弁済を受けることができる。(2-6-3) ×


4番 ×
留置権とは、他人の物の占有者がその物に関して生じた債権を持つ場合に、その債権の弁済を受けるまで、他人の物を留置することが出来る担保物権です。


また、留置権には物上代位性がありません。留置権は、留置的効力をもつだけで、優先弁済機能がないためです。ただ、少し細かいことですが・・。これは公平の観点からみとめられている権利です。そういえば、今の「カバチタレ」のお話に中古車屋さんが、修理した車の修理代金を払うまで、車を返さないと言っています。これが留置権。でも、常識的に考えてそうですよね。


でも、中古車屋さんが車を勝手に売ったり、車をスクラップにして、車両保険から勝手に弁済させることはできません。


だから、バランス感覚で解ける問題ではありますが、難しい。この問題はできなくても仕方がないかなと。

他運営サイト