不動産業開業宅建業免許申請まで、元不動産業の専門家が相談

不動産業開業・宅建免許申請

東京都及び首都圏の不動産業(宅建業)免許申請。元不動産業出身の専門家が会社設立から融資・助成金相談、不動産業免許申請・開業までご相談致します。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  ご意見など |  特定商取引法に基づく表記

宅建試験過去問 平成17年 第3問目 代理の問題

[問 3] 代理の問題 下線がポイント

買主Aが、Bの代理人Cとの間でB所有の甲地の売買契約を締結する場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはいくつあるか。

ア CがBの代理人であることをAに告げていなくても、Aがその旨を知っていれば、当該売買契約によりAは甲地を取得することができる。

イ Bが従前Cに与えていた代理権が消滅した後であっても、Aが代理権の消滅について善意無過失であれば、当該売買契約によりAは甲地を取得することができる。

ウ CがBから何らの代理権を与えられていない場合であっても、当該売買契約の締結後に、Bが当該売買契約をAに対して追認すれば、Aは甲地を取得することができる。


(1)一つ
(2)二つ
(3)三つ
(4)なし


全部○ですね。これも出来ないと話になりません。


1番相手が知っていれば問題ないでしょ。


類似問題
Aが、B所有の建物の売却(それに伴う保存行為を含む。)についてBから代理権を授与されている場合に、AがBの名を示さずCと売買契約を締結した場合には、Cが売主はBであることを知っていても、売買契約はAC間で成立する。(13-8-1) ×


2番は表見代理です。本人が代理権を与えたという責任があり、相手が善意無過失のときは、相手を保護する必要がありますよね。


類似問題
Aは、Bの代理人として、Bの所有地をCに売却した。Aが代理権を与えられた後売買契約締結前に破産手続開始の決定すると、Aの代理権は消滅するが、Aの代理権が消滅しても、Cが善意無過失であれば、その売買契約は有効である。(6-4-4) ○


3番は本人が追認(ついにん=後で認める)しているのだから、何の問題もなし。いいよと言っているわけです。


類似問題
Aの代理人Bが、Aの同意を得ずしてAを売主、Bを買主とする不動産の売買契約を結んだ場合、Aはその契約を追認することができる。(61-3-3) ○


過去問で何回も聞かれている問題です。それを、何個あるかという個数問題にしただけですね。過去問をしっかりと理解していれば解ける問題です。

他運営サイト