不動産業開業宅建業免許申請まで、元不動産業の専門家が相談

不動産業開業・宅建免許申請

東京都及び首都圏の不動産業(宅建業)免許申請。元不動産業出身の専門家が会社設立から融資・助成金相談、不動産業免許申請・開業までご相談致します。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  ご意見など |  特定商取引法に基づく表記

宅建試験過去問 平成17年 第1問目 当事者能力

宅建試験過去問のわかりやすい解説です。こんな問題できねぇ。分からんと思ったら、はっきり言います(笑


[問 1]
自己所有の土地を売却するAの売買契約の相手方に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。


(1)買主Bが被保佐人であり、保佐人の同意を得ずにAとの間で売買契約を締結した場合、当該売買契約は当初から無効である。


(2)買主Cが意思無能力者であった場合、Cは、Aとの間で締結した売買契約を取り消せば、当該契約を無効にできる。


(3)買主である団体Dが法律の規定に基づかずに成立した権利能力を有しない任意の団体であった場合、DがAとの間で売買契約を締結しても、当該土地の所有権はDに帰属しない。


(4)買主Eが婚姻している未成年者であり、当該婚姻がEの父母の一方の同意を得られないままになされたものである場合には、Eは未成年者であることを理由に当該売買契約を取り消すことができる。


1番
はいいですよね。×で。これがわからないと話にならない。無効→取り消し


2番
完全に「意思能力」がない場合などは、取り消せる行為ではなく、行為自体が、「元々無効」です。無効ですから、それを、取り消すことなどできません。

これは、小学生の子供や泥酔者などです。小学生の子供に、箕輪さん家を売ってよといわれても、有効な行為にはできませんよね。
じゃぁ、泥酔状態で愛しているといったら有効か。民法上は無効です。でも、感情的には知りません。


類似問題
意思能力を欠いている者が土地を売却する意思表示を行った場合、その親族が当該意思表示を取り消せば、取消しの時点から将来に向かって無効となる。
(15-1-1) × 焼き直しでしょ。


3番
契約の主体になれるのは、「自然人」と「法人」です。自然人とは人間のこと。だからドックフードを買う契約を、わんちゃんがしましたとかいうのは、駄目。あくまでも、買主名義。


法人とは、商法による株式会社や、財産法人や社団法人などの(聞いたことありますよね)、民法という法律上認められている法人のこと。
ちなみに、町内会などを「権利能力を有しない団体」(略称、権能なき社団)といいますが、権利能力がないというくらいで、契約の主体にはなれません。つまり、町内会名義で土地を買う契約などは、できないということ。


だって、問題があった時に、責任の所在がはっきりしないでしょ。こういうときは、町内会の会長名義などで契約をする必要があります。


4番
未成年者が結婚をするときは、親の同意が必要になりますが、もし同意のない婚姻届が誤って受理されても、婚姻自体は有効です。無効ではありません。


何?聞いたことがない?じゃあ、この規定の立法趣旨は?そもそも、女(男)をくどいて結婚するような、未成年者は一人前扱いをするというものです。書類が不備だったとしても、それくらいの行為が出来る未成年者は保護に値するのかな?しないよね。つまり、保護しないのかな?という推論が出てくれば、OK。


3番なんだけど、4番でも悩ますという問題ですな。でも、権利能力を有しないというのだから、契約主体になれるかどうか、冷静に考えれば3番とわかるよね。


実は、それほど難しい問題ではありません。法律の意味を、キチンと理解している人は解けるが、結構皆さん、悩んだろうな。

他運営サイト