不動産業開業宅建業免許申請まで、元不動産業の専門家が相談

不動産業開業・宅建免許申請

東京都及び首都圏の不動産業(宅建業)免許申請。元不動産業出身の専門家が会社設立から融資・助成金相談、不動産業免許申請・開業までご相談致します。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  ご意見など |  特定商取引法に基づく表記

公正競争規約と特定事項の明示義務

P190~P191 2段目必殺ポイントの部分

公正競争規約に特定事項の明示義務ができました。 ざっと目だけ通しておいて下さい。

路地状敷地や傾斜地を含む土地は、土地利用に制限があるため、 キチンと告知しなさいという規定です。地震とも絡むことなので大体の概要を理解しておいて下さい。最近は地震関係の出題が多いです。 四川地震もありましたし。

 

 

1、 路地状部分のみで、道路に接する土地→路地状部分のみで道路に接する土地であって、 その路地状部分の面積が当該土地面積のおおむね30%以上を占めるときは、「路地状部分を含む旨および路地状部分の割合又は面積」 を明示すること。

 

 

2、「傾斜地を含む土地であって、傾斜地の割合が当該土地面積のおおむね30%以上を占める場合(マンション及び別荘地等を除く)」、又は「傾斜地の割合が30% 以上を占めるか否かにかかわらず、傾斜地を含むことにより、当該土地の有効な利用が著しく阻害される場合(マンションを除く)、 「傾斜地を含旨および傾斜地の割合または面積」を明示すること。

他運営サイト