宅建試験過去問講座。宅建試験に独学で合格するには、過去問攻略がもっとも早道

宅建過去問と宅建試験参考書

宅建試験は過去問の攻略で最短合格。宅建試験の過去問をわかりやすく解説した宅建過去問の参考書。宅建過去問を攻略しよう。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  ご意見など |  特定商取引法に基づく表記
宅建過去問と宅建試験参考書 TOP > 法改正等 > 開発許可関係の改正


開発許可関係の改正

P120  法令上の制限 2開発の許可が不要になる場合とは

P121②用途による制限 b公益上必要な建築物の建築

改正により医療施設、社会福祉施設、教育施設(幼稚園・ 小学校・中学校・高等学校)も許可が必要になりました。これは、公益上必要なものであっても、 周囲の土地の利用状況に関係なく無秩序に建築することを防止したものです。

 

P125ページの問題⑥は、開発工事を受ける必要があるため、○になります。

 

改正により公益上必要な許可を受ける必要のないもの→駅舎など鉄道施設、 図書館、公民館、変電所などです。

 

また、 Cの公的機関の場合も許可が必要になりました。理由は上と同じです。 書籍のC公的機関は削除になります。

 

P123 9行目 あらかじめ開発審査会に諮れば許可されるもの

20ヘクタール以上の開発行為で、 市街化区域との関連からも市街化調整区域で行うことが支障がないものが「削除」になります。

開発区域周辺における市街化を促進するおそれがなく、かつ市街化区域で行うことが、 困難又は著しく不適当と認められるもののみになります。



~こんな参考書が欲しかった!宅建試験の解説が、日常の対話言葉で書いてある!~
クリック↓で目次や中身の一部がご覧になれます最短クリア宅建合格一直線 アマゾン amazon 参考書 宅建試験の重要ポイントを30+55テーマにわけて編成し、日常の話し言葉でわかりやすくまとめた参考書完成!こんな本を待っていた!
是非、合格にお役立て下さい。

箕輪和秀
宅建参考書
最短クリア宅建合格一直線アマゾンで購入