宅建試験過去問講座。宅建試験に独学で合格するには、過去問攻略がもっとも早道

宅建過去問と宅建試験参考書

宅建試験は過去問の攻略で最短合格。宅建試験の過去問をわかりやすく解説した宅建過去問の参考書。宅建過去問を攻略しよう。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  ご意見など |  特定商取引法に基づく表記
宅建過去問と宅建試験参考書 TOP > 法改正等 > 公正競争規約と特定事項の明示義務


公正競争規約と特定事項の明示義務

P190~P191 2段目必殺ポイントの部分

公正競争規約に特定事項の明示義務ができました。 ざっと目だけ通しておいて下さい。

路地状敷地や傾斜地を含む土地は、土地利用に制限があるため、 キチンと告知しなさいという規定です。地震とも絡むことなので大体の概要を理解しておいて下さい。最近は地震関係の出題が多いです。 四川地震もありましたし。

 

 

1、 路地状部分のみで、道路に接する土地→路地状部分のみで道路に接する土地であって、 その路地状部分の面積が当該土地面積のおおむね30%以上を占めるときは、「路地状部分を含む旨および路地状部分の割合又は面積」 を明示すること。

 

 

2、「傾斜地を含む土地であって、傾斜地の割合が当該土地面積のおおむね30%以上を占める場合(マンション及び別荘地等を除く)」、又は「傾斜地の割合が30% 以上を占めるか否かにかかわらず、傾斜地を含むことにより、当該土地の有効な利用が著しく阻害される場合(マンションを除く)、 「傾斜地を含旨および傾斜地の割合または面積」を明示すること。



~こんな参考書が欲しかった!宅建試験の解説が、日常の対話言葉で書いてある!~
クリック↓で目次や中身の一部がご覧になれます最短クリア宅建合格一直線 アマゾン amazon 参考書 宅建試験の重要ポイントを30+55テーマにわけて編成し、日常の話し言葉でわかりやすくまとめた参考書完成!こんな本を待っていた!
是非、合格にお役立て下さい。

箕輪和秀
宅建参考書
最短クリア宅建合格一直線アマゾンで購入