宅建試験過去問講座。宅建試験に独学で合格するには、過去問攻略がもっとも早道

宅建過去問と宅建試験参考書

宅建試験は過去問の攻略で最短合格。宅建試験の過去問をわかりやすく解説した宅建過去問の参考書。宅建過去問を攻略しよう。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  ご意見など |  特定商取引法に基づく表記
宅建過去問と宅建試験参考書 TOP > 国土利用計画 > 事後届出制が適用される土地取引の種類 交換


事後届出制が適用される土地取引の種類 交換

事後届出制が適用される土地取引の種類  交換契約


お互いに土地を交換する契約です。相手から土地という対価を得て、自分の土地の所有権を移転する契約ですから、対価を得てという定義に当てはまります。


売買契約と交換契約は、片方が金銭を使うか土地を使うかの差に過ぎません。金銭の授受がなくても、届出が必要です。


過去問


土地を交換する契約を締結した場合、金銭の授受がなければ、事後届出が必要となることはない。(12-16-1)


×



~こんな参考書が欲しかった!宅建試験の解説が、日常の対話言葉で書いてある!~
クリック↓で目次や中身の一部がご覧になれます最短クリア宅建合格一直線 アマゾン amazon 参考書 宅建試験の重要ポイントを30+55テーマにわけて編成し、日常の話し言葉でわかりやすくまとめた参考書完成!こんな本を待っていた!
是非、合格にお役立て下さい。

箕輪和秀
宅建参考書
最短クリア宅建合格一直線アマゾンで購入