宅建試験過去問講座。宅建試験に独学で合格するには、過去問攻略がもっとも早道

宅建過去問と宅建試験参考書

宅建試験は過去問の攻略で最短合格。宅建試験の過去問をわかりやすく解説した宅建過去問の参考書。宅建過去問を攻略しよう。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  ご意見など |  特定商取引法に基づく表記
宅建過去問と宅建試験参考書 TOP > 国土利用計画 > 事前届出制が適用される土地取引の規模


事前届出制が適用される土地取引の規模

事前届出制が適用される土地取引の規模


事前届出制が適用される土地取引の規模は、次の通りです。注視区域は以下のようになります。23条の事後届出と同じです。


1. 市街化区域内では、2.000m2以上の一団の土地

2. 市街化調整区域内又は未線引区域内では、5.000m2以上の一団の土地

3. 都市計画区域外(準都市計画区域を含む)は、10.000m2以上の一団の土地


2*5=10 「にごじゅう」で覚えましょう。


◎監視区域では、上の届出対象面積を、「都道府県知事(指定都市では市)が、都道府県の規則」で引き下げた面積以上の一団の土地が対象になります。


例えば、100m2の土地と決めたら、100m2の土地の売買をする場合は、事前に届け出る必要があるのです。


過去問

監視区域に所在する土地について売買契約を締結した者は、その土地が届出対象面積未満のものであっても、当該契約の対価、利用目的等について、都道府県知事から報告を求められることがある。(3-17-3)


注視区域内においては、都道府県の規則で定める面積以上の土地売買等の契約を締結する場合に届出が必要である。(13-16-4)(ポイント これは、監視区域に関する規定です。引掛け問題。)


×



~こんな参考書が欲しかった!宅建試験の解説が、日常の対話言葉で書いてある!~
クリック↓で目次や中身の一部がご覧になれます最短クリア宅建合格一直線 アマゾン amazon 参考書 宅建試験の重要ポイントを30+55テーマにわけて編成し、日常の話し言葉でわかりやすくまとめた参考書完成!こんな本を待っていた!
是非、合格にお役立て下さい。

箕輪和秀
宅建参考書
最短クリア宅建合格一直線アマゾンで購入