宅建試験過去問講座。宅建試験に独学で合格するには、過去問攻略がもっとも早道

宅建過去問と宅建試験参考書

宅建試験は過去問の攻略で最短合格。宅建試験の過去問をわかりやすく解説した宅建過去問の参考書。宅建過去問を攻略しよう。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  ご意見など |  特定商取引法に基づく表記
宅建過去問と宅建試験参考書 TOP > 国土利用計画 > 土地取引の事前届出制


土地取引の事前届出制

土地取引の事前届出制

◎周辺相場より高値での土地取引が、その後の土地取引の基準になるのを防ぐ手段で、事後届出制より有効なものは、取引の「事前」に、都道府県知事に取引価格等を届け出させることです。取引をした後ではなく、事前に確認ができますから。


これが土地取引の「事前届出制」です。「国土利用計画法第27条の4または第27条の7」の事前届出制ともいいます。


「監視区域」とは、地価が「急激に上昇し、または上昇するおそれ」があり、これによって、適正かつ合理的な土地利用の確保が、困難となるおそれがあると認められる区域です。


過去問

監視区域は、都市計画法に規定する都市計画区域において、土地の投機的取引が相当範囲にわたり集中して行われ、又は行われるおそれがあり、及び地価が急激に上昇し、又は上昇するおそれがあると認められる区域について、指定す
る。(63-17-1)


×



~こんな参考書が欲しかった!宅建試験の解説が、日常の対話言葉で書いてある!~
クリック↓で目次や中身の一部がご覧になれます最短クリア宅建合格一直線 アマゾン amazon 参考書 宅建試験の重要ポイントを30+55テーマにわけて編成し、日常の話し言葉でわかりやすくまとめた参考書完成!こんな本を待っていた!
是非、合格にお役立て下さい。

箕輪和秀
宅建参考書
最短クリア宅建合格一直線アマゾンで購入