宅建試験過去問講座。宅建試験に独学で合格するには、過去問攻略がもっとも早道

宅建過去問と宅建試験参考書

宅建試験は過去問の攻略で最短合格。宅建試験の過去問をわかりやすく解説した宅建過去問の参考書。宅建過去問を攻略しよう。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  ご意見など |  特定商取引法に基づく表記
宅建過去問と宅建試験参考書 TOP > 国土利用計画 > 国土利用計画法


国土利用計画法

国土利用計画法


◎国土利用計画法とは、一言で言えば、「地価を抑制」することを目的としています。地価というのは、土地を利用する対価のことです。


例えば、1m2が10万円の土地が、何かの事情で12万円で取引されたとします。角地で立地が良かった場合などですね。しかし、そうすると、回りの似たような土地について今度は1m2辺り13万円前後などで、取引をしようとする傾向があります。人間の欲は限りがないわけですね。


しかし、その結果、日本は国土が狭いので、日本全体の土地がジワジワ、ジワジワッと値上がりしてきます。実は、角さん、いや水戸黄門じゃないですよ、田中角栄元首相の日本列島改造論の後で、土地が投機的に値上がりしました。しかし、国も、ただ、指を加えて見ているわけにはいきません。


そこで、相場より高値での土地取引が、その後の土地取引の目安のサンプルになるのを防ぐことを目的として、土地取引の値段や利用目的をチェックするために昭和49年に出来たのが、「国土利用計画法」です。


その目的を達成するために、国土利用計画法は、次の3つの手段を用意しています。要するに土地の取引を、届出や許可制にしたのです。


1. 土地取引の事後届出制
2. 土地取引の事前届出制
3. 土地取引の許可制



~こんな参考書が欲しかった!宅建試験の解説が、日常の対話言葉で書いてある!~
クリック↓で目次や中身の一部がご覧になれます最短クリア宅建合格一直線 アマゾン amazon 参考書 宅建試験の重要ポイントを30+55テーマにわけて編成し、日常の話し言葉でわかりやすくまとめた参考書完成!こんな本を待っていた!
是非、合格にお役立て下さい。

箕輪和秀
宅建参考書
最短クリア宅建合格一直線アマゾンで購入