宅建試験過去問講座。宅建試験に独学で合格するには、過去問攻略がもっとも早道

宅建過去問と宅建試験参考書

宅建試験は過去問の攻略で最短合格。宅建試験の過去問をわかりやすく解説した宅建過去問の参考書。宅建過去問を攻略しよう。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  ご意見など |  特定商取引法に基づく表記
宅建過去問と宅建試験参考書 TOP > 建築基準法 > 建築協定


建築協定

建築基準法は建物に対する最低限の法律です。
ということは、最低限、これだけは守って下さいという内容ですが、例えば、建築基準法には違反しないからといって、住宅街に凄く派手な看板をつけられても困りますよね。


また、高級住宅街として、3階建てまでしか建築出来ないような地域にしたい場合もあるでしょう。
しかし、こうした地域の決まりは、公共団体が決めるよりも、地元住民の合意で決めて行くのが一番よいのです。


つまり、建築協定とは、「一定区域の土地の所有者や借地権者が、住宅地や商店街としての環境を改善するために行う、地域の[約束事」のことです。公共団体が主体になるよりも、地元住民に、自主的に、住宅地や商店街としての環境の改善を決めさせた方が良い場合もありますので、この制度が出来ました。


建築協定で定めることができるのは、建築物の敷地、位置、構造、用途、形態、意匠(いしょう)、建築設備などについてです。


過去問

建築協定は、建築物の敷地、位置及び構造に関して定めることができるが、用途に関しては定めることができない。(5-24-3)


×



~こんな参考書が欲しかった!宅建試験の解説が、日常の対話言葉で書いてある!~
クリック↓で目次や中身の一部がご覧になれます最短クリア宅建合格一直線 アマゾン amazon 参考書 宅建試験の重要ポイントを30+55テーマにわけて編成し、日常の話し言葉でわかりやすくまとめた参考書完成!こんな本を待っていた!
是非、合格にお役立て下さい。

箕輪和秀
宅建参考書
最短クリア宅建合格一直線アマゾンで購入