宅建試験過去問講座。宅建試験に独学で合格するには、過去問攻略がもっとも早道

宅建過去問と宅建試験参考書

宅建試験は過去問の攻略で最短合格。宅建試験の過去問をわかりやすく解説した宅建過去問の参考書。宅建過去問を攻略しよう。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  ご意見など |  特定商取引法に基づく表記
宅建過去問と宅建試験参考書 TOP > 建築基準法 > 建築基準法の道路


建築基準法の道路

道 路


道路関係の規制は、建築物の敷地と道路に規制を加えることで、快適な街づくりを目指す規定です。例えば、道路上に建物を建築したり、道路にはみ出して建築されては、非常に迷惑になりますし、防災上も問題があります。


当たり前のことのようですが、法律で禁止をしていないと、やはり違反を行うが出てくるのが人間です。まずは、道路と建築物の関係から行きましょう。


ア.建築基準法上の道路とは

建築基準法上の道路とは、以下のどれかになります。


1. 幅員(道の幅)4m以上で、かつ、他の法律で道路とされたもの。(現行公道

道路法や都市計画法などにより、現行公道として道路とされているもののことです。


2. 幅員4m以上で、かつ、都市計画区域又は準都市計画区域の指定があった際にすでに、現存する(すでにある道路)もの。(既存公私道

公道・私道を問わず、建築基準法の施行以前、または都市計画区域に指定されたときに、既に存在していた道路です。


3. 幅員4m以上で、新たに築造するものは(都市計画法による新設の事業計画のあるもの)、特定行政庁から位置の指定を受ければ道路です。言い方を変えると、新たに築造して、特定行  政庁から、指定を受ける道路の幅員は、4m以上でなければなりません。。(位置指定道路)


道路法、都市計画法によらないで造られる私道で、特定行政庁から、その位置を指定されたものです。


4. 幅員4m未満で、現在存在するものは、都市計画法適用のとき(都市(準都市)計画区域内に指定されたとき)、現に建物が立ち並んでおり、かつ、特定行政庁が指定したもの。(都市計  画道路


都市計画(準都市計画)区域に指定されたときに、既に建物が立ち並んでいるわけですから、4m未満でも仕方がないなぁということで、指定したものです。


過去問

新たに築造して特定行政庁からその位置の指定を受ける道路の幅員は、原則として4メートル以上でなければならない。(52-19-1)




~こんな参考書が欲しかった!宅建試験の解説が、日常の対話言葉で書いてある!~
クリック↓で目次や中身の一部がご覧になれます最短クリア宅建合格一直線 アマゾン amazon 参考書 宅建試験の重要ポイントを30+55テーマにわけて編成し、日常の話し言葉でわかりやすくまとめた参考書完成!こんな本を待っていた!
是非、合格にお役立て下さい。

箕輪和秀
宅建参考書
最短クリア宅建合格一直線アマゾンで購入