宅建試験過去問講座。宅建試験に独学で合格するには、過去問攻略がもっとも早道

宅建過去問と宅建試験参考書

宅建試験は過去問の攻略で最短合格。宅建試験の過去問をわかりやすく解説した宅建過去問の参考書。宅建過去問を攻略しよう。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  ご意見など |  特定商取引法に基づく表記
宅建過去問と宅建試験参考書 TOP > 開発行為 > 開発許可がいらない場合


開発許可がいらない場合

開発の許可がいらない場合


開発行為を行おうとする者でも、次のどれかに当たる場合は、例外的に開発許可は不要になります。全て、乱開発や無秩序な開発行為につながらない場合です。


ア.区域により広さの制限があります。乱開発がスプロール上に(都市郊外に宅地が無秩序、無計画に広がっていく現象)広がっていかないように防止して、秩序がある市街地を形成するためです。


1. 開発行為を「市街化区域」で行うときは、その規模が「1.000m2未満」の場合は、開発許可は不要です。


ただし、東京都の区域及び、3大都市圏の市街化区域内では、その規模が500m2未満の場合に、開発許可が不要になります。


なお都道府県の規則で、一定の区域に限定して、1.000m2未満の許可不要、500m2未満の許可不要を、300m2未満は許可不要にまで引き下げることが出来ます。


過去問

サラリーマンが自己の住宅を建築する目的で市街化区域内において行う開発行為で、その規模が 250平方メートルのものは、都市計画法による開発許可を受けなければならない。(50-18-1)


×



~こんな参考書が欲しかった!宅建試験の解説が、日常の対話言葉で書いてある!~
クリック↓で目次や中身の一部がご覧になれます最短クリア宅建合格一直線 アマゾン amazon 参考書 宅建試験の重要ポイントを30+55テーマにわけて編成し、日常の話し言葉でわかりやすくまとめた参考書完成!こんな本を待っていた!
是非、合格にお役立て下さい。

箕輪和秀
宅建参考書
最短クリア宅建合格一直線アマゾンで購入