宅建試験過去問講座。宅建試験に独学で合格するには、過去問攻略がもっとも早道

宅建過去問と宅建試験参考書

宅建試験は過去問の攻略で最短合格。宅建試験の過去問をわかりやすく解説した宅建過去問の参考書。宅建過去問を攻略しよう。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  ご意見など |  特定商取引法に基づく表記
宅建過去問と宅建試験参考書 TOP > 開発行為 > 開発許可とは


開発許可とは

都市計画法は、みんなが快適な街づくりを目指す法律です。


例えば、広い土地の造成工事を行って、そこに建物が出来ると、排水施設や道路なども必要になります。キチンと造成しておかないと、台風が上陸したときなどは、大惨事になる可能性もあります。今年も台風は多いかなぁ?


みんなが住みよい街にするためには、乱開発や無秩序な開発を防止することが必要になります。そこで、都市計画法は、乱開発や無秩序な開発行為につながるおそれがある行為を、「都道府県知事の許可制(地方自治法に基づく指定都市等にあっては、指定都市等の長)」としました。この許可のことを「開発許可」といいます。 


この分野の構成は以下の形になります。

1.  開発許可が必要かどうか
2.  開発許可の手続き関係
3.  開発許可をめぐる建築等の制限



~こんな参考書が欲しかった!宅建試験の解説が、日常の対話言葉で書いてある!~
クリック↓で目次や中身の一部がご覧になれます最短クリア宅建合格一直線 アマゾン amazon 参考書 宅建試験の重要ポイントを30+55テーマにわけて編成し、日常の話し言葉でわかりやすくまとめた参考書完成!こんな本を待っていた!
是非、合格にお役立て下さい。

箕輪和秀
宅建参考書
最短クリア宅建合格一直線アマゾンで購入