宅建試験過去問講座。宅建試験に独学で合格するには、過去問攻略がもっとも早道

宅建過去問と宅建試験参考書

宅建試験は過去問の攻略で最短合格。宅建試験の過去問をわかりやすく解説した宅建過去問の参考書。宅建過去問を攻略しよう。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  ご意見など |  特定商取引法に基づく表記
宅建過去問と宅建試験参考書 TOP > 業者罰則 > 宅建業者が悪いことをしたら


宅建業者が悪いことをしたら

宅建業者の監督・罰則処分とは


皆さんの日常生活でも、交通違反を犯すと、免許停止や免許取消などペナルティがありますよね。これを、「行政処分」といいます。行政によるペナルティです。それと同じように、宅建業法でも、一定の違反を犯すと行政処分があります。それが、「監督処分」です。


また、交通事故で他人を死傷させると、刑法上の業務上過失致死傷罪などで懲役や罰金になることがありますが、宅建業法でも一定の違反を犯すと、行政処分の他に、刑法上の懲役や罰金になることがあります。それが、「罰則」です。


要するに、宅建業者が悪いことをすると、行政上の罰である監督処分と、刑法上の罰である罰則処分とがあります。


主に、行政上の処分である監督処分をお話します。


1. 監督処分の概要


監督処分(行政処分)は全部で6種類あります。


次のように、宅建業者に対するものが3つ、取引主任者に対するものが3つになります。3つずつですね。


ア.宅建業者に対する監督処分

1. 指示処分
2. 業務停止処分
3. 免許取消処分


イ.取引主任者等に対する監督処分

1. 指示処分
2. 事務の禁止処分
3. 登録の消除処分



~こんな参考書が欲しかった!宅建試験の解説が、日常の対話言葉で書いてある!~
クリック↓で目次や中身の一部がご覧になれます最短クリア宅建合格一直線 アマゾン amazon 参考書 宅建試験の重要ポイントを30+55テーマにわけて編成し、日常の話し言葉でわかりやすくまとめた参考書完成!こんな本を待っていた!
是非、合格にお役立て下さい。

箕輪和秀
宅建参考書
最短クリア宅建合格一直線アマゾンで購入