不動産業開業宅建業免許申請まで、元不動産業の専門家が相談

不動産業開業・宅建免許申請

東京都及び首都圏の不動産業(宅建業)免許申請。元不動産業出身の専門家が会社設立から融資・助成金相談、不動産業免許申請・開業までご相談致します。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  ご意見など |  特定商取引法に基づく表記

買主の保護にはどうするか?

さて、先日は他人の物を売っても有効だとお話し致しました。でも、移転してもらえなければ話しが違うとなりますよね。そこで買主をいかに保護するかか重要になるわけです。


この場合に、買主が請求できる権利は、次の2つになります。


善意の買主は、契約解除と損害賠償を請求出来ます。


悪意の買主は、契約解除だけを請求出来ます。


今後も出てくる重要な言葉に「善意」と「悪意」があります。


善意と言うのはいい人という意味では無く、その事実を知らなかった人ということです。つまり、この場合は他人の物であることを知らなかったということですね。


逆に悪意の買主とは、悪い人という意味ではなく、他人の物であることを知っていたということです。


つまり、他人のものであるのを知らなかった買主はかわいそうだから、保護する必要が強いのです。


契約を解除した後に損害の賠償も出来ます。知っていた場合は解除のみねということです。


悪意でも、解除出来るのはおかしい気もしますね。でも、解除出来ないといつまでも契約に縛られますし、また、何にしてもワクワク・ドキドキと期待して待っていたわけですから、解除の権利のみは与えました。


でも、損害賠償は出来ませんよ。それは、当たり前。知っていたのだから仕方が無い。法律上は期待権の保護なんていう人もいるが、そんな言葉はどうでもいいです。なぜか?を押さえましょう。


過去問
土地について、Aを売主、Bを買主とする売買契約が成立した。その土地の所有者がCであって、AがBにその土地の所有権を移転できない場合、Bは、その土地の所有者がCであることを知っていたとしても、売買契約を解除することができる。 (57-10-1)


ポイント 悪意でも解除は出来る。何の請求が出来るかが大事。


○ 何となく知っていると、何も請求出来ない気がします。つまり、悪意でも請求出来るというのは、例外ですね。ということは、問われやすいということですよ。

他運営サイト